公共施設の看板の外注をお考えの担当者様へ

公共施設の看板で最も重要な事

公共施設は通常の施設以上に様々な人が利用し、また、利用人数も多い場合も多いです。
また直接人の命に関わる看板も少なくありません。

関西・大阪での看板施工事例1 関西・大阪での看板施工事例2 関西・大阪での看板施工事例3

当社では、この様に、公共施設での施工の実績があります。
しかし、実績=安全性とは考えていません

看板をお考えの担当者様へ
実績は単なる物差しにはなりますが、「安全性」を完全に確保できるものではありません。
では、一体、何を元に「安全性」を考えるのが良いのか?

私共は、年数こそが「安全性」の証ではないかと考えています

当社は50年間真面目に看板一筋にこだわって、デザイン性はもちろん、安全性や信頼性、全てにこだわって
看板製作をしてきました。

50年になった今でも公共施設の看板の施工をいただけるのは、
今まで、「安全性」という部分を完璧にクリアしてきているからだと思います。

当然、看板であれなんであれ、形あるものは痛みますし壊れる事もあります。

しかし、50年前に作った看板であれ、メンテナンスや何らかの作業を、しっかりとして来たという実績がなければ、
既に淘汰されています。

実績は嘘をつかない

この言葉を合言葉に、実績を汚す事無い、常に真面目に仕事をして来たこの実績こそが、
「安全性」であり「信頼」なのだと思います。

公共の施設という特別な作業だからこそ、施工経験は当然の事ながら
絶対的な実績を併せ持つ当社にお任せいただけないでしょうか?

公共施設だけでなく、他の業種様でも、様々な看板を製作しておりますので、
是非、施工事例のほうもご覧下さい。
関西・大阪での看板施工事例

何か気になる事や質問などございましたら、
ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。
従業員一同、担当者様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

看板お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ






看板のいろは 看板での2Fの集客事例 看板の外注が来る3つの理由 求人募集